ママさん保健師の復職

保健師は女性の割合が高いといわれています。このため、女性保健師の中には、出産して育児のためにしばらく現場を離れてしまう人も少なくありません。そこで問題になるのは、復職をしようと思ってもブランクがあるので前のようにスムーズな仕事ができるのかという問題もあります。実際復職したママさん保健師の中には、そのような悩みを抱えていた人も少なくないようです。

 

また育児や家事をしながら仕事もこなせるのかという点に問題を抱く人も多いようです。特に小さな子供がいる場合、自分が仕事をしているときにどこに子供を預ければいいのかわからないと感じている人も多いです。

 

しかし自分なりに問題を対処できれば、ママさん保健師でも活躍できる可能性は十分あります。正社員として就職する以外にも、いろいろな働き方のスタイルがあります。最近では、少子高齢化が進行していて介護や福祉の分野で保健師のニーズが高まると予想されているので復職を希望する人はまずは求人情報を収集してみてください。

 

◆関連リンク
働く女性の意識調査レポート「働く女性の子育てに関する調査」

保健師の求人を扱う転職サイトの活用

ママさん保健師が復職するにあたって、まずは情報収集する必要があります。保健師が求人情報を収集するには、何を利用すればいいのでしょうか?ここでおすすめなのが、看護師の転職サイトを活用することです。看護師と保健師は少し異なりますが、看護師の転職サイトは活用できるのでしょうか?

 

看護師の転職サイトの中でも大手の所になると、保健師の転職実績を持っている所もいくつかあります。看護師と比較すると求人数は少ないものの、日本全国で保健師の求人募集を掲載している所もあります。

 

看護師転職サイトの中には、保健師の求人を出している所にキャリアコンサルタントが訪問して、具体的な情報をヒアリングしている所もあります。このようなサイトに登録しておけば、紹介された求人に対してより具体的な情報が得られるので転職した後でギャップに苦しむこともないでしょう。登録は無料なので、転職を検討している人は手続きだけ取っておくのはいかがでしょうか?

 

PickUp!! 定時にあがれる保健師の職場

行政保健師や病院保健師は残業が多いことで知られていますが、「産業保健師」は残業がほとんどなく、ほぼ毎日定時にあがることができます。子育てと仕事を両立させたい保健師さんは要チェックの求人です。

 

ただし、求人自体が見つかりにくいという特徴もあるので、《産業保健師の求人・採用対策web》難関突破のための手引きを参考にしながら計画的に求人探しを進めていきましょう。